top of page

少しでも不動産を高く売る為にする3つの事

レインズ眺め中

レインズで戸田のマンションを一通り眺めています。先日訪問査定でお伺いした物件も登録されていてショックを受けてました。訪問に行って連絡が取れない事もあり、多分ダメかなぁ〜とは思っていましたが、レインズで発見するときはいつもショックを受けて立ち直れなくなりそうな時も。競合の相手もいるので、競争ではあり、選ばれるのは1社だけなので、こればかりはしょうがない。それより、なぜ選ばれないか、どのようにしたらお客様に選ばれるかを考えるのが大事です。

自分はそれほど営業上手とは言えない部分もありますが、お客様にしっかりと自社の強みや、販売戦略はしっかりと伝えられているとは思うのです。訪問時点で勝負が決まっている場合もあるし、手数料半額・値引き、高値で提案するスタイルは基本取っていないのでそういう部分で、お客様に選ばれないことも多々ありました。マンションの価格を2回下げて販売するぐらいなら、「うちに任せてもらえれば・・・」という事もあります。選ばれなかった理由を常に自問自答して次の機会に活かしていく!これしか、我々小さな会社にはできることはないと思っていますので、引き続き頑張ります。


マンションを高く売るには?

というのは売主さんが気になるところだと思います。これは経験上の話で、何の根拠もデータもないのですが、私が売却した方たちの共通点です。良い雰囲気を吹き込む行動と考え方というものがあるんでしょうね。

3つほどありまして、

・断捨離片付け、清掃を自身ですること。

・愛着を持ってむしろ手放したくない、別れを惜しみつつ売りに出すこと。

・買主様の気持ちになって考えること。

1つ目の断捨離、片付け、清掃することは2番目の愛着を持つことにもつながることですが、それ以外にも不動産の売却も断捨離の一つです。その流れを作るためにも整理整頓、断捨離という流れを作ることで不動産の売却も進むのではないかと思います。理屈ではないお話ではあります。

2つ目は愛着があるものは、人にも愛されるものだと思うから、良い流れを作れるからだと思います。

3つ目は物事を考える上で自分視点ではなく、あくまで売買なので相手の視点にも立って見ることは重要で、たとえばこの物件に興味を持つ人がどいうひとで、どのくらいの年収の人で、どのような家族構成の人が買うのかという視点で考える上で、不動産売却も一つの商いだとして捉える事も大事だからです。

以上です。あくまで参考程度に。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page