top of page

営業とは

ホームページのことを考える

本日はマンション売却用のホームページをチューンナップしていました。

というより、ひたすら入力作業で自分との戦いをずっとしていました。

パソコンにずっと向かい合っていると、最近ボーッとしてきてしまうんですよね。

完全な肉体派になってしまった。


若かりし頃は、10時間でもパソコンと向き合っていても全然苦ではなかったのですが、

齢45も越えると、流石に10時間は辛くなってきてます。でも、

その当時は12時間とかフツーに作業をしていたりしたもんだから、

今でも少しは耐性が残っていて8時間くらいならがんばれています。


おかげ様で今日のノルマは達成です。


あと、HPのSEO対策として良質な被リンクがないか、ちょっと探してみました。

政府系の取り組みで、自社でも取り組みができそうなものが沢山あったので、

内容を吟味してみて、できそうなものから登録していこうと思いました。


こういうものって、会社の制度作りになるし、リンク獲得もできるので一石二鳥です。

我々中小企業には助かる制度ものです。

ただ、リンクだけ欲しいからといって、会社にそぐわないものを登録しても、

ただの不正なので、そういうことは極力しない方が、結果的にSEOにならないどころか、

ペナルティになってしまうので、注意が必要です。


ただ、こういうものに登録すると、

営業電話やメールも必然的に増えてしまうというのもあるので、

困ってしまいます。



営業されるのを参考にして、自分の営業を考える

営業電話やメールの件ですが、当社は申し訳ないのですが、

メール・電話・問い合わせフォームからの営業行為に関しては、

一切お断りすることにしました。


こちらから資料請求したり、DMを送ってきたり、

もしコミは飛び込み営業に関してはお話をお伺いすることはありますが、

それ以外の一方的なセールスには、結果的にお互いの時間が無駄に

なってしまう事が経験上ほとんどでしたので、本当に時間の無駄なんですよ。


こちらが欲していないタイミングであれこれお話しされても、

必要としてないのだから正直いらないですよね。

いつか必要になることもあるかもしれませんが、


その時はこちらでしっかりリサーチした上で、

商品の購入やサービスの利用をしますので、

いくら売り込まれても困ってしまうんです。


こういう事って、自分たちも営業する上では、気をつけないといけないことだと思っています。

お客様が欲してないタイミングでの売り込みは、往々にして同じような目に遭うので、

こちらもお客様の欲しいを視覚化することに努めています。例えばそれがホームページだったりします。

なので、そのホームページは大切に運用チェックできるようにしなくてはいけません。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page