top of page

自分ごとで仕事をするという事

コミュニケーション力

本日も引き続き高円寺南パールマンションのリノベーションです。

本日は水道屋さん2日目の施工です。

大工さんは壁の造作で、結構手こずっています。

プランとしては単純なのですが、角部屋で窓も多く、

築古で躯体もガタガタしているところもあり壁を建てるのに苦労しています。


水道屋のS川さんと弊社境野が打ち合わせをして進めていってます。

基本現場の対応は境野君に任せています。

本人はだいぶ努力しているとは思いますが、

細かい納まりや、交渉力、相手とのコミュニケーションあらゆる面で、

まだまだ修行が必要です。


コミュニケーションでは、細かく深掘りしていく質問力・疑問力などが

問われます。最終的には自分がこうしたいという想いがあり、

それに近づけるためにどういう方法があるのか、

もしくはそれを変えて違う方法がどのような事があるのかを、

見極めて決定していかないといけません。


それを、もっともっと経験を積んで自分のものにしていってほしいです。


他人事ではなく自分ごと

でも、こうして人に仕事をしてもらって思うのですが、

他人事で仕事をしていると成長しないと思います。

何事も自分ごとにしてからが仕事のスタートだと思います。

自分ごとだからこそ、必死になれる。

やる気も、責任も出てくるのだと思います。


仕事に甘さが出ないというか自分事にすることで、

今までは1の仕事のために1の知識を入れてこなしていたのを、

1の仕事を3や5の予備知識も入れて仕事を挑むようになるので、

やはり成長力が違います。


現場の職人も優しい人ばかりなので、しっかりと教えてくれます。

言い方は色々と厳しいですが、

私からみて優しく言ってるなぁ〜と微笑ましい光景です。


そんなこんなで境野くんもまだまだ伸び代があるとおもうので、

日々精進してほしいと思っています。まだまだ任せていきたい

仕事はたくさんあるんですよ!!

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page