top of page

準備と整理整頓

何事も準備が大事

本日も引き続きリノベーション現場で台東区入谷に来てます。

本日は墨出しと大工さんと打ち合わせをし、設計士さんと電話で確認しながらの各部詳細を決めていきました。

各所要所要所で詳細を詰めて、寸法を決めていかないと、全体の寸法が決まらないものなんです。

でも今回はなかなかに詰まって行かないんです。

設計士さんの意図を理解するのが難しい場合があるんです。

今回は図面の出来上がりが遅かったので、なかなか中身を詰める時間がなかった、つまり準備不足でした。

反省です。

本来なら、解体1週間前に図面をもらい、質問事項をまとめて質問し不明点をなくして、

解体の日にどの部分を解体するのか?

仕上げから、使う材料の選定、不明点をなくして挑むのですが、ちょっと遅れ気味。

これからリカバリーしてきます。


花粉のせいなのか鼻が詰まって頭がボーッとしていて働きが悪いです。



整理整頓は嫌いだけど大事

工事・解体をする道具から、掃除・最終仕上げ・手直し道具まで色々と準備するものがたくさんあるんですよね。

なので、最終仕上げが終わると道具があちらこちらに散らばっていて、また元に戻さないといけないんです。

当たり前ですが。仕事の効率化で同一カテゴリーの仕事には道具を一箱一箱分けていて、

その同一カテゴリー通りに置いていて、

例えば

・ペンキの修正箱

・クロス・パテの直し道具

・コーキング

・マスキングテープ 大きく分けて4種類くらい(塗装用・コーキング用・コンクリート用荒目、弱粘着

塗装後用)


他にもたくさんあるのですが、それぞれの道具がいろんなところに行ってしまうので、

現場が終わってから元に戻すんです。

でも私片付け嫌いなんです。でも汚い事や使いたい時に使いたいものが、定位置にないのは

非常に嫌なので、本当に嫌々やっています。でも、綺麗に整理できると気持ちはスッキリしますよね。

それよりも、もっと早く片付けなくてはいけないものが、事務所の書類。

だいぶ積み上がってきてしまったので、そちらもいい加減処理しなくてはと思っています。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page