top of page

現場監督は器用貧乏がいい

器用貧乏でいいんです

本日も引き続き、台東区入谷でリノベーション現場の

手直し作業中です。

設計士さんと共に引き渡し前のチェックもしながらの作業です。


設計士さんには台東区名物こごめ大福を

お土産に買って渡しました。今回の感謝の印です。

マンションの隣にお店があるので、ついつい皆んなにオススメ

して回っています。


手直し作業では、塗装から床工事や木部の

傷直しから清掃まで様々な作業をします。

これらのさまさまな業種の直し作業を、

弊社では自分たち現場監督がやることにしています。


だいぶ器用でないと色々と手直しできません。

道具も様々な道具が必要で、いつも大荷物で現場に向かいます。

どうしても直せないものが出た場合は、リペア屋さんや

各業者さんを呼ぶ場合もありますが、

基本監督の仕事です。


なので、直すための技術が各業者さん並みに必要になります。

様々な業種の様々な作業に対応できないと、できないので、

だいぶ器用貧乏になってます。


社員の境野くんも当初OKにする基準が低かったので、

だいぶ苦労しました。コーキングでも直しが多かったですが、

今ではだいぶ器用貧乏になってきたと思います。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page