top of page

買取のお話でした。

訪問査定でチェックするところは

本日は1件訪問査定でした。

蕨にある西川口マンションでした。

蕨なのに西川口、戸田にも西川口がマンション名に入っている所も

ちらほらあり、最寄駅をマンション名に使うところって結構多いですよね。

私は、結構違和感を感じてしまいますが・・・。


本日は訪問査定ではありましたが、行ってみたら買取の査定でした。

心の準備ができていなかったので、“言ってよ〜“っていつもお思うのですが、

お客様からしたら査定であることには変わりはないので、それは言わずに飲み込んでました。


ひとまず買取金額提案は

後日するということで、ご了承いただいた上で見させていただくことに。


築49年だけあって、水道管は更新されていたのはプラス要因です。

給湯器は宅内なので、それはリフォームでバルコニーに出さないと、

良いプランにならないんでマストです。


それ以外にも。リフォームポイントをチェックして

部屋を後にすることに。ありがとうございます。


買取金額を出すために

訪問時にリフォームの必要性、具体的にいうとフルリノベーションか

部分リフォームなのかまず考えます。あと必要なリフォーム箇所。

給湯器は?キッチンは?トイレは?どのタイプにするのか?


ちなみに弊社では積み上げ方式で

コストを出していき、買取金額を決定します。


会社で買取する以上はしっかりと利益の部分も

クリアした金額でないといけないので、その点は結構悩みます。


相場・販売する時の市場価値・お客様のご要望これらを

冷静にバランスを見ていけるかどうか判断します。


でも、競合もいて正直高い金額のところが勝つので、

どうしようか考えてしまうんですよね。

悩みに悩んで、行くべきか引くべきか考えながら


金額出しをします。あとは運任せです。

築49年かぁ〜と考えすぎてしまうんですよね。

自分小心者ですし。

最新記事

すべて表示
bottom of page