top of page

大事なのは目に見えない部分の話

事前の準備が大事

月曜日からのリノベーション現場の段取りをしていました。

今回は地元から離れて南千住です。青木屋のパンが食べたい!!


材料の発注から、ガス屋さんの手配まで色々として、

あとは図面のチェック、わからない部分はないか?


納まり的におかしい部分や、実現不可能な事はないか?

あと足りていない書類もないか?必要な図面はいつまでに

手に入るのか細々とチェックしていきます。


現場を進めるにあたり、早めのチェックをすることで、

不毛にも思えるようなやり取りの連続を避けられます。


一度、あまりにも変更や、不明な点が多くてこちらもイライラとしてしまい、

設計士さんに不満をぶつけてトラブルになったことがありますが、

事前に質問事項として挙げてておくことで、難しい納まりの部分や、

決め事の先延ばしをしないで済み。

後から、テンパってしまうこともなく、

現場がスムーズに動くようになりました。


何事も事前の準備をする事は大事ですね?

心の安定と、業務の効率化、クオリティの維持のためにも、

事前の準備は大切にしたいものです。



マンション売却では配管も大事

日曜日は平井くんも出勤で忙しそうなので、

私も出勤にしようかと思っています。

明日は飲み会があるので少しグロッキーかもしれませんが。


と思っていたら、マンションのリノベーションの見積もり依頼が

電話で飛び込んできたので、日曜日に現調と打ち合わせを入れちゃいました。

せっかく出勤するんだったら、この日しかないと思い。


日曜日は現在お預かりしている、ルネ戸田公園駅前のインスペクション

+内見2件です。戸田公園駅にもすぐ近くとても、思い入れのあるマンションです。

すでに6年前にリフォーム済みですので、状態も良く配管類も樹脂菅を使っているマンション

ですので、とても安心してお勧めできる物件です。


中身をしっかりと評価できるというのは、本当に我々の強みだと思います。

築30年のマンションで銅管を使っていたら、このまま安心して住めますよ!

なんて絶対に言えませんからね。でも知らない方は意外と言っちゃうと思いますよ。

だって、身をもって危険だというのを知らないから。


銅管の恐ろしさは身をもって知っています。

銅なんてどこで穴が空いてもおかしくないですからね。

実際ピンホールという小さい穴が空いて、漏水している現場に行ったことがあります。

どこで空いているか、探すの大変だったんですから。

耳を澄ましていたら、シューーーって音がなっているのを聞き取れて、

その部分の天井を開けたら見つかったんですよ。


漏れてからでないと気づかないですからね。

要望はなかなか対策としてはしづらいので、

配管更新という手になるんですよね。

個別のおたくか、マンション全体でやるかどうかですが。


まとまりがなくなってきたので、締めますが、

マンションの売却においては配管は非常に大事です!!

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page