top of page

本当に良いマンションてなんだろう?

マンションの共用部が素敵

本日はクレヴィア南千住でリノベーション工事の水道配管立会です。

納まりを考える上でここをきっちりやらないと、

あとで取り返しがつかない事になるので、現場監督の境野くんと一緒に現場に行きました。


築10年の比較的新しいマンションですが、現在フルリノベーションの仕事をしております。

この仕事に携わって長いのですが、マンションの良さの基準って色々とあると思います。

一つは共用部の良さってあると思うんですよね。

わかりやすい基準ではあるのですが、エントランスがデザイン性豊かで、

空間のボリュームがいいとよく見えて、快適に感じますよね。


ある程度大規模のマンションであれば、共用部分も豪華にできるという

利点もありますが、それだけではなくデザインが洗練されているというのは、

一つ大きな要素だと思うんです。


今回のクレヴィア南千住ですが、エントランスに

ちょうど良いボリュームの吹き抜けがあり、

ガラスを多用していて、エレベーターもシースルーの

スケスケエレベーターで、オフィスビルみたいでカッコいい😎

こういうの本当に良いですよね。


本当に良いマンションとは

現場はというと、基本もうある程度は、境野くんに任せるようにしています。

工事スタート時は各業者との打ち合わせが大忙しなので、

私もお手伝いしていますが、本人も図面を見ながら一生懸命頑張っている姿を見て、

私も少し一安心です。あと半年もすれば独り立ちできるかな?


先ほどのマンションの良さの続きですが、

この仕事をしていて、中身の見えない部分を

徹底的に見ながら工事をするのですが、

今回のクレヴィア南千住では、

本当に良いマンションですね。さすがといった感じです。


絶妙な寸法で、計画性を新築時にミリ単位まで突き詰めていたのが、

リノベしてみるとよくわかりました。本当に絶妙な寸法感。

当然使用している配管類から、電線などの取りまわし方、

納め方も完璧でした。こういうマンションをみると、

本当に勉強になります。アザーっすといった感じです。


このクレヴィアマンションは戸田にもあって、

クレヴィア戸田公園も中身がこんなに良かったら、

査定金額もっと上げないとダメかな?と思いました。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page